原材料から製品になるまでの工程をご説明いたします。

1.丸太の裁断・・・あらかじめ木材を加工のしやすい長さに裁断する。

2.水質検査 ・・・木材内の水分を検査する。

3.丸太のボイル ・・・丸太を熱湯につけてヤニを出し、同時に消毒する。

4.丸太の皮剥ぎ ・・・丸太表面の皮を剥ぐ。

5.ピーリング・・・丸太を板状に加工する。

6.板断裁・・・板状の丸太を決められた寸法に切断する。

7.切断 ・・・切断した板状のものを一本一本の割箸にする。

8.向きを揃える ・・・割箸の向きを揃える。

9.角を削る ・・・割箸の角を削る。

10.磨きをかける ・・・割箸に磨きをかける。

11.等級を分ける・・・一級・二級・三級・MIXと各グレードに分ける。

12.品質検査 ・・・異物混入・汚れ・不良品等を目視にて一本づつ検査する。

13.計数と紫外線消毒 ・・・100本づつ輪ゴム止の為に本数を数える。

14.梱包 ・・・出荷するために梱包する。

箸ができるまで


お問い合わせフォーム