炭化箸

炭化箸って御存知ですか?

上の写真をご覧ください。右が竹の炭化箸で左が一般の竹箸です。
通常の竹割箸は木材の割箸に比較するとカビが非常に発生し易い材質特有の性質を持っております。
その為に竹箸には僅かではありますが厚生省基準値内の防カビ剤が使用されております。

人的影響は現在のところ発生しておりませんが、出来れば100%安全で確実な割箸で食事したいものです。
この炭化箸は真空釜で長時間加熱する事により竹材内部の水分と糖分を外部に吐き出し非常にカビの発生しにくい材質に変身させた物です。
色もアメ色の塗り箸の様に光沢があり高級感が格段にアップ!全く自然の工法の為に内部までもがアメ色になっております。
早い話が割箸の燻製とお考えください。現在は竹九寸天削箸と竹八寸天削箸のみですが一度是非とも御覧になって戴きたい割箸です。

価格面でも僅かなアップです のでイメージアップと安全と安心の割箸としてどうでしょうか!

寿茶

寿の文字型に切り抜かれた昆布でお祝い

お正月には梅干や昆布の入ったお茶を飲み、新年を祝う習慣があります。
これは平安時代から続く皇服茶(大福茶[おおふくちゃ])やお屠蘇の儀式のように旧年の邪気を払い、新しい年を祝福する慣わしからきていますが、最近では昆布茶でお祝いされる家庭が増えています。

この寿茶は昆布茶に寿の文字型に切り抜かれた昆布が入った大変、縁起の良い商品です。
また寿茶を包んでいる紙が箸袋になるというエコにも配慮しています。

おすすめ商品


お問い合わせフォーム